プレイスメイキングの
レジェンド達
まさに「ホノルル・ドリーム・チーム」

オアフ島に
新たなアイコンを作るために集結

「レジデンス・アット・マンダリン オリエンタル ホノルル」の開発パートナーとして名を連ねる企業は、近代のプレイスメイキングのアートや理念を理解し、その熟練の技で世界で知られる業界のリーダー達です。

セーラム・パートナーズ

1997年に設立。投資銀行、不動産開発、資産管理の主要3部門を軸にビジネスを展開。投資銀行部門では、メディアとエンターテインメント、ヘルスケア/ライフサイエンス、航空宇宙産業と防衛産業、不動産業界などの業界において、数十億ドルもの取引実績を誇ります。不動産開発部門を率いるのは、建設業界のあらゆる分野の専門知識を擁するベテラン達です。

マンダリン オリエンタル ホテル グループ

数々の受賞歴を誇るマンダリン オリエンタル ホテル グループは、世界で最もラグジュアリーなホテル、リゾート、レジデンスを所有・運営しています。アジアで誕生し、グローバルブランドへと発展を遂げた同グループは現在、21の国と地域で31のホテルと8つのレジデンスを運営しており、現在も複数の新規ホテルやレジデンスを開発中です。グループ内のどのホテルやレジデンスにおいても、グループのルーツである東洋的な伝統と、現地を大切にする姿勢を貫いています。ジャーディン・マセソン・グループの傘下企業。

「エーユー・ワークショップ」建築事務所

建築物が誕生する都市やその近隣を永続的に活気づけることに焦点を置いた、質の高い正統派の建造物、および刺激的な都市型の商業開発プロジェクトを生み出している建築事務所。米国西部とアジアでの建築やマスタープランのプロジェクトを数多くこなす同社は、2人併せて40年に渡る国内外のバラエティに富んだ建築プロジェクトを手掛けた経験を元に、建築家ランディ・ショートリッジとジェイソン・カースリーによって2013年に設立されました。

ダイアナ・ウォン・アーキテクチャー+インテリア・デザイン

香港生まれで、米国モンタナの郊外とロサンゼルスで育ったウォンは、ラグジュアリー・ライフスタイルのビジネス分野に関する、独特かつグローバルな視点を有しています。1998年にロサンゼルスを拠点とする建築事務所を設立し、ワシントンD.C.のスタイリッシュな「Wホテル」、「シーザーズ・ゴルフ・マカオ」、バハマ・ナッソーにあるメガリゾート「ザ・バハマ」など、多彩なプロジェクトを手掛けています。建築、インテリア・デザイン、ファインアート、装飾美術など、幅広いエリアでの経験が豊富な彼女の建設事務所が手がけるデザインは、代表的な特定のスタイルに固執することなく、デザインを通じて、五感を刺激し、思い出を呼び覚まし、人生を変えるような体験を創造することを目標に掲げています。

ハート・ホワートン

建築家、プランナー、ランドスケープ・アーキテクト、インテリア・デザイナーなど多様な分野のエキスパート集団である同社が創業したのは、1967年。世界でもっとも影響力があり、個性溢れるデザイン会社としての評価を築いてきました。
これまでに計6大陸51カ国で、プロジェクトを手掛けており、世界で最も美しいロケーションに、時代と共に価値が上昇する、革新的かつ持続可能なデザインを提供することで広く知られています。

メイヤー・デイビス

館内のレストランとラウンジのデザインを手がけるのは、デザイン業界で確固とした認知度を確立しているメイヤー・デイビス。空間、フォルム、テクスチャー、照明を遊び心を持って組み合わせることで生み出されるデザインは、圧倒的な印象とインスピレーションに満ちています。ホスピタリティ業界では、「オーベルジュ・ビーチ・レジデンス」、「ローズウッドホテルズ」、「フォーシーズンズ」、「ル・メリディアン」などを顧客に抱えています。また、世界を代表するレストランやシェフからの信望も厚く、これまでにマイケル・ホワイト、ダニエル・ブールー、トム・コリッキオ、ジャン=ジョルジュ・ヴォンゲリヒテンなどのレストランのデザインを手掛けています。さらに、世界中のオスカー・デ・ラ・レンタのブティックや、ジョン・バルベイトスのショップなどのファッション店舗のデザインも同社によるものです。

フルイディティ

レジデンスの水回り設備を担っているのは、ロサンゼルスを本拠地に構える、水回りのデザインと設計・工事に特化したフルイディティ・デザイン・コンサルタンツ。同社が生み出す創造性の高い優れたデザインは、これまでに数多くの賞を受賞しています。世界で最も評価の高い建築家、ランドスケープ・アーキテクトやデベロッパーとのコラボも多く手掛け、水のデザインを通してアート、スピリット、美、人間愛の探求に取り組んでいます。同社が生み出す創意に富んだ作品は、常に発見に満ち溢れ、プロジェクトのロケーションの特徴を活かしながら、絶対的な高いクオリティに裏付けられています。

AHL-アーキテクツ・ハワイ

イギリス出身の創立者、シリル(サイ)・W・レモンが1946年、ワイキキの自宅のガレージにて創業。彼が目指したコミュニティへの貢献、文化の理解、さらに建築やプランニングの社会的認知度向上の精神は、今も同社を形作る哲学と基盤として生き継いでいます。AHLは現在、建築、プランニング、インテリア・デザインなどの分野で国際的な経験を豊富に有する会社へと発展しました。ホノルルを拠点に90名以上のスタッフを擁し、太平洋地域で最も先進的で万能なデザイン会社の一つとして国際的な認知を獲得しています。

インターコミュニケーションズ

国際的に認知度も高い、マーケティング・コミュニケーション会社であるインターコミュニケーションズは、過去30年以上に渡り、数々の不動産プロジェクトをオーナー、投資家、開発パートナーに多大なる利益を生み出すブランドへと仕立て上げてきました。都市型の複合用途ビル、リゾート、マスタープラン・コミュニティーに至るまで、洗練され、常に進化を続けるグローバル市場のニーズに応えるブランディングの醸成が同社の強みです。